北村敏則:テノール



京都市立芸術大学音楽学部卒業及び同大学院修了。音楽学部賞、大学院賞を受賞。ウィーン留学。


第ニ回J.S.G.シューベルト国際歌曲コンクール第一位及び聴衆審査特別賞、第6回ボルツアーノ(北イタリア)歌曲コンクール第一位及びアダ・ヴェルバ賞、第一回青山音楽賞、京都市芸術新人賞を受賞。



1994年姫路城世界文化遺産指定記念イヴェント、オペラ「おなつ・清十郎」の清十郎役に抜擢されオペラデビューを果たす。

以後、中国二期会、倉敷音楽祭、びわ湖市民オペラ、関西二期会等にて「こうもり」「ラ・ボエーム」「シンデレラ」「マルタ」「ジプシー男爵」「フィガロの結婚」「魔笛」「愛の妙薬」「ナクソス島のアリアドネ」に出演。


イギリス、イタリア、ドイツ、オーストリアでのオペラ公演の参加やリサイタルをはじめ、ソリストとしてベートーヴェン「第九」、ヘンデルやハイドンのオラトリオ、モーツァルト、ヴェルディ、フォーレなどの「レクイエム」、オルフ「カルミナ・ブラーナ」など日本各地でのコンサートに多数出演。


特にバッハ「受難曲」のエヴァンゲリストとして好評を博す。これまでに蔵田裕行、田原祥一郎、E・ヴェルバ、K・エクヴィルツの各氏に師事。


中国にて東アジア文化都市の閉会式で日本代表でソロを務める。堺市新人演奏会、東京国際声楽コンクール(関西地区)、青山財団マスタークラス審査員を務める。


現在、シューベルト協会同人、京都市立芸術大学准教授、音楽財団六耀舎音楽監督。